定額聴き放題は「音楽=タダ」論を覆せるか

激アツ配信市場に立ちはだかる「課金」の壁

画像を拡大
課金ユーザー数は各社とも非公表。「音楽聴き放題」を根付かせることはできるか(撮影:今井康一)

振り返ってみれば、2015年は日本の音楽業界にとって“定額配信サービス元年”だった。

5月にエイベックスグループとサイバーエージェントの合弁「AWA」が先陣を切ると、6月にLINEやエイベックスなどが出資する「LINEミュージック」、7月にはアップルの「アップルミュージック」が始動。9月にグーグル、11月にアマゾンも参入するなど、市場は混戦模様となっている。

各社が定額配信に前のめりなワケ

音楽業界では、国内市場の8割近くを占めるCDが、全盛期(1998年)の約3割にまで激減。モバイル向けの減少が響き、有料配信も落ち込んでいる。

一方、海外で広がりを見せる定額配信は、世界の市場規模が2014年に前年比39%増と急成長(国際レコード産業連盟調べ)。2000万人の有料会員を抱える英スポティファイなどが牽引役となった。日本の音楽業界にとっても、定額配信サービスは期待の成長分野となっている。

2〜3カ月は無料で使えることもあり、いずれも出足は快調だ。AWAは開始2カ月でダウンロード(DL)数が300万を突破。2015年12月時点で650万DLに達した。その特徴は洒落たデザインとプレイリスト(再生の順番をリスト化したもの)に特化した点だ。プロだけでなく、一般のユーザーが作ったプレイリストも楽しめる。

LINEミュージックも公開2日で100万DLとロケットスタート。10月には860万DLを超えた。メッセージアプリで友人と曲を共有するのはもちろん、LINEミュージック内の公式ページとリンクさせることで、アーティストがユーザーに情報を発信できるようにした。若年層向けの学割など独自の施策も奏功した。

次ページ好スタートの一方で、課題も浮き彫りに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT