定額聴き放題は「音楽=タダ」論を覆せるか

激アツ配信市場に立ちはだかる「課金」の壁

画像を拡大
課金ユーザー数は各社とも非公表。「音楽聴き放題」を根付かせることはできるか(撮影:今井康一)

振り返ってみれば、2015年は日本の音楽業界にとって“定額配信サービス元年”だった。

5月にエイベックスグループとサイバーエージェントの合弁「AWA」が先陣を切ると、6月にLINEやエイベックスなどが出資する「LINEミュージック」、7月にはアップルの「アップルミュージック」が始動。9月にグーグル、11月にアマゾンも参入するなど、市場は混戦模様となっている。

各社が定額配信に前のめりなワケ

音楽業界では、国内市場の8割近くを占めるCDが、全盛期(1998年)の約3割にまで激減。モバイル向けの減少が響き、有料配信も落ち込んでいる。

一方、海外で広がりを見せる定額配信は、世界の市場規模が2014年に前年比39%増と急成長(国際レコード産業連盟調べ)。2000万人の有料会員を抱える英スポティファイなどが牽引役となった。日本の音楽業界にとっても、定額配信サービスは期待の成長分野となっている。

2〜3カ月は無料で使えることもあり、いずれも出足は快調だ。AWAは開始2カ月でダウンロード(DL)数が300万を突破。2015年12月時点で650万DLに達した。その特徴は洒落たデザインとプレイリスト(再生の順番をリスト化したもの)に特化した点だ。プロだけでなく、一般のユーザーが作ったプレイリストも楽しめる。

LINEミュージックも公開2日で100万DLとロケットスタート。10月には860万DLを超えた。メッセージアプリで友人と曲を共有するのはもちろん、LINEミュージック内の公式ページとリンクさせることで、アーティストがユーザーに情報を発信できるようにした。若年層向けの学割など独自の施策も奏功した。

次ページ好スタートの一方で、課題も浮き彫りに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。