エンジニアにとって、電子書籍は敵か味方か

「技術書は重い」という言い訳は通じなくなる

「新年の決意」の回で、ぼへちゃんがたくさん買った本を見かねて、だんなくんが「読まないんだったら、買っちゃダメ」って言っています。

それに対して、ぼへちゃんは、技術書は重くて持ち歩けないから、ちょっとした時間に読むことができない、と言い訳をしています。

確かに、技術書は分厚くて重い。便利な言い訳です。

ところが、その言い訳はもう通用しなくなりました。だんなくんが、アップルのiPad Proをぼへちゃん用に買ってくれたのです。iPad Proは画面も広くて、読みやすい。さらに技術書と違って持ち歩きやすいのです。

さっそくぼへちゃん、電子書籍でいっぱい購入したようです。これさえあればスキマ時間に、いつでも、どこでも読めるはず。ところが、読み始めたと思ったらすぐに眠くなってしまうようで、結局は読み進められないようです。

どれだけ便利なIT機器がでてきても、それを使うのは人。人だって進化しないと大変なのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。