国によってエンジニアの生態はまったく違う

ベトナムでは遅刻するのが当たり前?

ぼへちゃん、出張でベトナムのホーチミンのIT企業にお邪魔しています。そこで感じたベトナムエンジニアあるあるを今日はご紹介です。

まず、通勤時に大渋滞!

で、定時に遅れることもしばしば。ベトナムと言えば、バイク社会でその波を縫って渡らなくてはいけないというくらいバイクがたくさん走っています。通勤時間帯ともなると、車道が詰まってしまうので、歩道にもバイクが突っ込んできます。ぼへちゃんも、うっかりしているとひかれちゃうので、歩くのに四苦八苦しています。

そんな状態ですから、定時に遅れることもしばしばあるようです。

社内は、みんな驚くほどフレンドリーです。日本は新しく入っても、関連のあるプロジェクトの人くらいにしか話しかけられないのですが、こちらでは、にゅっと画面を見て、今なにやってんの?(英語か日本語)って話しかけられたりします。

「どんな技術使ってんの?」など興味津々です。日本語を勉強しているエンジニアも多くいますね。

そして、転職が日常茶飯事です。ベトナムのエンジニアは、フリーランスみたいなものかもしれません。日本のように会社になじむような教育やジェネラリストとしての教育は少なく、専門性で雇われているため、エンジニア募集、というよりは、iOSエンジニア、Androidエンジニア、サーバエンジニア、PHPエンジニアなど、細かく専門性が決まっています。待遇や職場環境が悪ければ、すぐに転職が当たり前のようです。

みんな定時をすぎたら仕事しません。定時で帰ろうとして、外がスコールでだったりすると、トランプをはじめたりDVDを見始めたり……。よほど危機的な状況にならない限りは、定時で仕事をやめます。定時で仕事を終えるのはうらやましいと思いました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。