「夫がエンジニア」だとトクすることがある

パソコンまわりのことは安心!

ぼへちゃんは夫婦そろって、エンジニアです。そのため、たまに「エンジニアのだんなさんとの生活はどうなんですか」と聞かれます。

いったいどんなところに特徴があるのか、考えてみました。

その1:(電子機器・ネットワーク方面で)頼りになる

まず得をする部分です。

パソコンが壊れた時、ネットワークがつながらなくなったときに、だんなくんは、すぐになんとかしてくれます。

写真や音楽など、放っておいても容量がたまるものも、しっかりとしたストレージが用意されていて、ちゃんとバックアップをとらなくても、とっていてくれたり。安心感満載です。

その2:帰りが遅い

これは仕方がないことなのですが、どうしても、帰りが遅いんですよね。スケジュールに間に合いそうにないプロジェクト、炎上したプロジェクトに巻き込まれると、終電帰りが続くこともあります。

その3:超インドア派

たいてい、お休みであっても、部屋にこもって何かをやっています。パソコンを開いているのですが、仕事そのものというより、技術系の調べものをしている場合が多いようです。「ゲームに没頭できるのが休日!」という人も多いので、必然的に休日は外出しません。アウトドアに無縁な人が多いのです。

その4:理論的な説明を求める

「なんとなく、そー思うんだけどなあ」などの曖昧な表現を許してくれません。「主語は一体何? 主語を略して話さないでくれる?」と問い詰められて、しどろもどろの説明をする羽目になります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。