短期間でのシステム開発は、優先順位が重要

お客さんの要望をそのまま聞いてはダメ

ぼへちゃんが任された前途多難なプロジェクトは、その後、どうなったのでしょうか。

まず大切なのは、どのようなシステムを作るか、という「要件定義」。新人さんがお客さんのところへ行って最初のヒアリングをしてきてくれたようです。

要件には、「絶対必要」「必要と思われる」「あったらいいかな」「次のフェーズで」
などの優先順位があります。ところが、新人さんのヒアリング一覧はS(絶対必要)とA(必要)しか見当たらない上、Sが8割を占めています。

「あかんや~ん」って叫んでしまうぼへちゃん。リリースまであんまり日数がないので、ここで、要件を絞り込む、優先順位の高い事にしぼって開発することが重要です。

とはいえ、お客さんにとっては、どれもこれもがなくてはならないものに見えちゃうんですよね。うまい具合に、優先順位を付けるよう導いてあげるのもヒアリングの中での重要なお仕事なのです。

新人さんには、そこをハンドリングするのは難しかったようですね。最初のヒアリングとはいえ、最初からベテランが行くべきだったのかもしれません。

次のミーティングで「絶対必要」「必要と思われる」をどうやったら、「あったらいいかな」「次のフェーズに」にもっていけるでしょうか。開発メンバーは4人しかいません。リリースまで、残された日数も少ないのです。ここからの巻き返しに注目です。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT