短期間でのシステム開発は、優先順位が重要

お客さんの要望をそのまま聞いてはダメ

ぼへちゃんが任された前途多難なプロジェクトは、その後、どうなったのでしょうか。

まず大切なのは、どのようなシステムを作るか、という「要件定義」。新人さんがお客さんのところへ行って最初のヒアリングをしてきてくれたようです。

要件には、「絶対必要」「必要と思われる」「あったらいいかな」「次のフェーズで」
などの優先順位があります。ところが、新人さんのヒアリング一覧はS(絶対必要)とA(必要)しか見当たらない上、Sが8割を占めています。

「あかんや~ん」って叫んでしまうぼへちゃん。リリースまであんまり日数がないので、ここで、要件を絞り込む、優先順位の高い事にしぼって開発することが重要です。

とはいえ、お客さんにとっては、どれもこれもがなくてはならないものに見えちゃうんですよね。うまい具合に、優先順位を付けるよう導いてあげるのもヒアリングの中での重要なお仕事なのです。

新人さんには、そこをハンドリングするのは難しかったようですね。最初のヒアリングとはいえ、最初からベテランが行くべきだったのかもしれません。

次のミーティングで「絶対必要」「必要と思われる」をどうやったら、「あったらいいかな」「次のフェーズに」にもっていけるでしょうか。開発メンバーは4人しかいません。リリースまで、残された日数も少ないのです。ここからの巻き返しに注目です。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。