ホリエモン×藤田晋「IT界は人材不足だ」

日本はプログラミングを義務教育化すべし

日本のプログラマー不足問題を憂う、堀江貴文氏(左)と、サイバーエージェント社長の藤田晋氏
プログラマー不足が深刻化している。特にシリコンバレーでは、優秀なプログラマーは引く手あまたとなっている。今後はあらゆる産業がネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)化への流れもあり、ますます需要が増えることは間違いない。日本も同様で、多くのネット企業がプログラマーの採用に積極的だ。今年6月に閣議決定した「日本再興戦略」でも、プログラミング教育の推進を取り上げるなど、国もIT人材の育成を推進しつつある。プログラミング教育の重要性について、サイバーエージェント社長の藤田晋氏と堀江貴文氏はどう考えているのか。

プログラミングの義務教育化も

――2013年からサイバーエージェントは小学生向けのプログラミング教室を手がけています。

藤田:当時の役員会で、世の中の役に立つ事業をやらなければ、という話が出た。会社の事業内容が多岐にわたってきた今、もっと社会性のあることは何だろうと。役員たちが「小学生向けにプログラミング教室があれば、自分の子どもを行かせたい」と口々に言う。確かに受験科目にないから、学ぶ機会がないし、教えられる先生もいない。われわれは技術者をたくさん採用している会社なので、社会に役立つのではないかと、小学生向けプログラミング教育事業を手掛ける子会社を設立した。小学生くらいの親なら、息子が米フェイスブックの創業者であるマーク・ザッカーバーグ氏みたいになれるかもしれないとか、そんな期待を持って習わせるかなと考えたりして。

――イギリスではプログラミングを義務教育化し、オーストラリアやフィンランドも2016年から必修化される予定です。日本でも導入するべきでしょうか。

藤田:そうですね。日本なんて受験科目に入れたら、あっという間でしょう。一生懸命に受験勉強するから、相当なレベルに達する人が出てくる可能性がある。義務教育で競ってランキングをつけたときに、そこから化け物みたいな人が出てくる風土がある。そうなればもう、ウチの会社がランキングの上位から青田買いしたいですよ。今、僕には2歳の息子がいるが、絶対にプログラミングを習わせます。職業人口的に不足しているのは明らかで、プログラミングができたら食っていける。国際的な競争力のあるものを作るという観点においても、日本でプログラマーを育てないといけない。

堀江:子どもの頃から英語をしゃべっているとうまくなるのと一緒です。今、僕も小学生だったら、たぶんやっていると思う。水泳やスノーボードの選手の中には、中学生で世界大会で優勝する子もいる。別にプログラミングでもおかしくないでしょう。早くやっているほど、色々なチャンスがある。小学生でもアプリをどんどん作っちゃえばいい。

藤田:学校の勉強を一生懸命やるより、実学という意味では、プログラミングをやっていた方がいいと思う。学校の勉強が役に立っているのって、情報工学部とかの学部の子だけですよね。

次ページスポーツ同様、世界で通用する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。