サイバー藤田流、「荒療治人事」の狙いは?

好調アメーバ事業の人員を半分入れ替え

第1四半期の営業利益は125億円と、通期予想280億円の上方修正は確実だ(撮影:今井 康一)

「どうしても気が緩む。危機感を持つようにしている」。1月末に開かれたサイバーエージェントの決算説明会。藤田晋社長がリスクに挙げたのは、四半期で過去最高の好決算だった。2015年9月期第1四半期(2014年10~12月)は、売上高が前年同期比45%増、営業益は2.9倍にも膨らんだ。

後押しした要因の一つが、PCからスマートフォンへの大胆なシフトだ。主力のインターネット広告事業は、シェア3割を握るスマホ向けが右肩上がりで、スマホゲームの新作もヒット。売上高に占めるスマホ比率は77%で、3年前の13%から急上昇した。

アメーバピグで女子の心つかんだが

思えば2012年9月に藤田社長は自らのブログで、「この勝負どころ、絶対に負けるわけにはいかない」と宣言。翌2013年に自社メディアのAmeba(アメーバ)事業で、スマホの大規模キャンペーンを展開する。テレビを軸に広告宣伝費を大量投下し、100ものスマホサービスを立ち上げた。投資を優先したために2013年9月期の同事業は83億円の赤字に沈んだ。

BtoBのネット代理店から、BtoCを育てたい藤田社長にとって、アメーバは肝いり案件。他サイトで著名な芸能人ブロガーを多数移籍させる一方、仮想空間「アメーバピグ」では、おしゃれで“盛りたい”女子の心を華やかな有料アイテムで囲い込んだ。

だが、収穫期と位置づけたはずの2014年7月、社内中に衝撃が走る。せっかく、スマホシフトで黒字復帰したアメーバ事業の構造改革を突如、表明したからだ。

次ページ1600人中、800人もの大異動
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。