夏野・ホリエモン、「東芝問題」をなで斬り!

「WORK RULES!」刊行記念"働き方"対談

夏野剛氏(左)と堀江貴文氏(右)が、「働き方」について縦横無尽に語る!
企業が生み出す製品やサービスだけでなく、企業の理念や文化・働き方まで注目されるようになった。節目の今、日本企業はどう変わっていくべきなのか。その1つの指針となる書籍が7月31日に発刊される。その書籍とは、グーグル社の人事トップ(上級副社長)であるラズロ・ボック氏が同社の人事労務制度や採用基準、働き方に関する文化、メンタリティに至るまで余すところなく著した『WORK RULES!』。世界20言語・地域で発売予定の、今年のビジネス書の話題作。
同書の刊行を記念して、7月22日にツタヤ トウキョウ ロッポンギで「クリエイティビティを生む、新しい『働き方』」をテーマにしたトークショーが開催された。登壇者は巨大IT企業の研究に取り組む夏野剛氏と、サロンやメルマガの運営など新しい働き方を実践している堀江貴文氏。モデレーターは東洋経済オンライン編集長の山田俊浩。トークショーの様子をリポートする。

ある社長のブログより

7月31日に発売となる本書は、アマゾンで8日から予約受付を開始。画像をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

山田:このトークショーは『WORK RULES!』の刊行記念イベントですが、夏野さんと堀江さんとで、本に限らずいろいろな話ができればと思います。まず今話題の東芝問題から話を始めようと思います。

東芝の田中社長は社員向けにブログを書いています。彼は社員とのコミュニケーションを大事にしていて、「みなさん、こんにちは!」から入るブログを毎日のように更新していました。

粉飾が明らかになった日のブログは、「みなさん、こんにちは! 会計処理の件で皆さんにもご心配をかけて申し訳ありません。第三者委員会に対して誠実な対応を徹底します。以前、地平アイこさん(アンドロイド)がイベントで浴衣姿であることに違和感を感じられたとのコメントがあった件ですが、状況を調べました。日本橋の三越の浴衣のイベントだったので浴衣を着ていたそうです。違和感を感じた方、申し訳ありません」。こんなことが書いてあります。

堀江:こういうのをあえて拾うセンスがいいですね。

山田:東芝は東洋経済がやっているCSR大賞では1位2位の常連ですし、非常に働きやすい職場として有名です。社長も、普通の会社以上に、社員とのコミュニケーションに力を入れていた。それでも、こういう問題が起きてしまう。働きやすさと会社の業績やコンプライアンスは、あまり関係がないということなのでしょうか。

夏野:東芝のような大所帯になると、社員のひとりひとりが自分のやっていることが業績に直結しているという意識がない。だから全然連動してないのです。同じ釜の飯を30年も食っているとこうなってしまう。能力も限定されて、もうここでしか生きていけないという人たちが社長の下にずらっと並んでいる。ここでクビになったら、あるいは、内部告発とかをして居づらくなったら、他で生きていけない。

この件でいろいろと海外のメディアから聞かれるんです。どうしてこんなことが起こって、理不尽な上司の要求を作業する部下がいるのか、って。海外から見るとそれが一番不思議なんだけど、そこでしか生きていけない人たちですから。堀江さんから見れば、彼らは全員逮捕されるべきですよね。

次ページ堀江氏は何と答えたか!?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。