出社は週3日だけ!「兼業正社員」の働き方

ワークスタイル変革が始まっている!<1>

「フルタイムの正社員として、週5日、決まった時間に出社する」という従来のスタンダードにとらわれることなく活躍する人が増えている(写真:Ushico / PIXTA)
「在宅勤務」「テレワーク」「週3日出社」など、新しいワークスタイルを選択する人が増えている。企業にとっても、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方を受け入れることは、多様な人材の活用を進める上で大きなメリットがある。「フルタイムの正社員として、週5日、決まった時間に出社する」という従来のスタンダードにとらわれることなく活躍する女性たちのワークスタイルを紹介する。

大手証券会社からフリーランスへ

出社するのは週3日、でも「正社員」――。都内のベンチャー企業に勤務する坂下理紗さん(31)が選んだ働き方だ。坂下さんの出社日は火・木・金曜日。営業職として多数のクライアントを担当している。

一方、月・水曜日の坂下さんには別の顔がある。フリーランスとして、資産管理のコンサルティングや広報・PRなどを幅広く手がけているのだ。多忙な毎日だが「今は本当に仕事が楽しい」と話す坂下さん。彼女はどのようにして、現在の働き方にたどり着いたのだろうか。

大学院で物理学を学んだ坂下さんが最初に入社したのは、大手証券会社だった。「柔軟な働き方」とは縁遠い、典型的な日本企業で、週5日のフルタイム勤務はもちろん、深夜残業も当たり前の日々を過ごした。投資銀行部門のアナリストとして金融の知識を身につけたのち、英語力を生かせる外資系メディアのアナリストに転職する。

外資系企業のオープンな社風は自分に合っていると感じていたものの、2011年、東日本大震災をきっかけに外資系企業の撤退が相次ぎ、坂下さんの勤務先も一時閉鎖されてしまう。そんな中、「本当にやりたいことに挑戦したい」と、以前から興味のあった絵画の世界への転身を決意。知人の誘いで、画廊のPR業務を手がけることになった。

画廊では、イベントのプレスリリース作成をはじめ、国際会議に合わせてプロモーション活動をするなど、日本人アーティストと海外のクライアントをつなぐためのさまざまなプロジェクトを手がけた。この挑戦をきっかけに、「人と人をつなぐ」仕事の楽しさに目覚めた坂下さん。次第に大きなプロジェクトを引き受けるようになり、12年春にはフリーランスとして独立を果たす。坂下さんのオープンな人柄からか、イベントのPR以外にも、前職の経験を生かした金融コンサルティングや、不動産のPRなど幅広い仕事が舞い込むようになった。

「週3日でいい。正社員になってほしい」

昨年夏には、手掛けていた大きなプロジェクトが一段落。フリーランスの仕事と両立できる新たな仕事を探し始めた。そんなとき、知人のSNSを通じて知ったのが、ハイスキルな女性と企業のマッチングを行う人材紹介会社の存在だ。登録した会社からさっそく紹介されたのが、高い技術を持つ中小企業と、新商品・新サービスを開発したい大企業のマッチングを手掛けるベンチャー企業リンカーズの営業を担当する「統括マネジャー」だった。

次ページキャリアチェンジをしても活かせた能力や経験
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT