出社は週3日だけ!「兼業正社員」の働き方

ワークスタイル変革が始まっている!<1>

女性の新しい"はたらきかた"についての詳細は、週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

リンカーズでは、自身が開拓したプロジェクトの運営に、統括マネージャーが最後までかかわる。坂下さんも、もちろん例外ではない。ほかの社員と連携しながら、受注側の中小企業、発注側の大手企業、両者をつなぐ公的機関や外郭団体のコーディネーターの三者とやりとりし、プロジェクト全体を統括する役割を果たす。

成長著しいベンチャー企業の中核として、多忙な日々を送る坂下さんだが、意外にも19時~20時には帰宅することが多く、ストレスを感じることは少ないという。週3日の正社員、週2日はフリーランスという2つの「スイッチ」があることで仕事にメリハリが生まれ、業務の効率化にもつながっているのだ。

正社員になったことで責任も重くなったが、同時に仕事の幅も広がった。営業の仕事に加え、もともと好きだったという法律の知識を活用し、顧問弁護士と協力して契約書を作成するなど、法律に関する業務を担当するようにもなった。業務の領域が限定されない正社員ならではの経験は、「私自身のキャリアの上でもプラスになると感じています」と坂下さんは言う。

現在、坂下さんは、リンカーズにとって初めてとなる海外企業の案件を担当している。彼女が培ってきた「人と人をつなぐ力」を存分に発揮することができるプロジェクトだ。

「このような働き方が向いている人もいれば、そうでない人もいると思います。少なくとも私自身は、今の働き方が一番楽しいです」

「週3日出社の兼業正社員」として、坂下さんの挑戦はこれからも続く。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。