「柔軟に働ける会社」は、こうやって探そう

今まで無理だった働き方も可能に

「在宅OK」「復業OK」「時間自由」「週3正社員」など自由な働き方を実践しているco-meetingのオフィスを訪ねた。右から代表の木村篤彦氏、寺嶋章子さん、COOの矢野貴明氏

「ハタラキカタをもっと自由に」――。転職・求人サイト「Paraft(パラフト)」が掲げるテーマだ。

パラフトに掲載されている求人情報には、「在宅OK」「ゆっくり出社」「週3正社員」「時短勤務」「早朝出勤OK」「複業OK」などのアイコンがついており、ワークスタイルで転職先を選べるようになっている。求人を掲載しているのは、IT系を中心に、こうした柔軟な働き方を導入している企業だ。今年2月にベータ版をリリースした後、7月13日にリニューアルした。

パラフト代表の中川亮氏はこれまで、フリーランスのエンジニアと企業のマッチングサービス「PRO Sheet(プロシート)」などを手掛けてきたが、そんな中、クライアントから「正社員を雇用したい」というニーズも多く寄せられていた。こうしたクライアントの多くは成長中のITベンチャーで、大企業のような知名度がないうえに、福利厚生や待遇も見劣りするため、正社員の採用に苦慮しているケースが多い。一方で、柔軟なワークスタイルをアピールすることで優秀な人材を引きつけることができるのは、ベンチャー企業が持つアドバンテージだと考えた。

「かつては、仕事で重要視するのは『何をするか(What)』だった。その後、『誰とやるか(Who)』という点が注目されたが、これからは『どう働くか(How)』だと思う。WhatとWhoは自分では選べないが、ワークスタイルだけは自分で選べる。未来の働き方は自分自身で作り出せるということだ」(中川氏)

掲載企業を訪ねてみると

女性の新しい"はたらきかた"についての詳細は、週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

「早朝OK」「深夜OK」「在宅OK」「ゆっくり出社」「復業OK」「特別休暇」「時間自由」「週3正社員」「時短勤務」……。パラフトに掲載されている企業の中でも、ほぼすべてのアイコンがついているco-meetingを訪ねた(現在は募集をしていない)。2011年に設立された、企業向けソフトウエアの開発・販売を行う会社だ。

前職の同僚4人で立ち上げたこの会社は、創業準備のときから全員がそろって集まる時間を合わせるのも難しく、それぞれがリモートで仕事をしていたという。社名にもなっている「co-meeting」はそのような状況から生まれたソフトウエア。離れた場所にいても、画面上のテキストで会議を円滑に進めることができるコミュニケーションツールだ。

次ページ自由な職場での採用にぴったり
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT