エンジニアは「社員の入退社」が激しすぎる

この間入社した社員はもう辞めていた!

この業界、人の出入りが激しかったりします。しばらく見ないなあと思っていると、静かに退職していたり・・・。入れ替わりが早いために、毎月のように歓送迎会をやる職場もあったりします。

なんでそんなに入れ替わりが激しいのでしょうか。いろいろな理由があるでしょうが、誰かが辞めたときに、管理職が慌てて採用することにも理由がありそうです。現場のニーズを分かっていないのでピント外れな人を採用してしまい、採用されたほうも、受け入れる側の社員も不幸・・・ということは少なくないのです。そのため人の入れ替わりが激しくなります。

最近、石塚くんを見ないなあとつぶやいたら、なんと退職していたようです。赤いシャツを着た同僚(くのりん)が「この前のプロジェクトが終わった後に辞めたよ」と教えてくれました。

ぼへちゃん、図書館のシステムの時に、石塚くんと一緒に仕事をしたので、あいさつだけでもしておきたかったのですが、残念でした。

ところが、ある日ソフトウェアベンダーさんと打ち合わせ。次からシステム担当者が変わるのでごあいさつに来ました。すると新担当は石塚くんでした。本当にこの業界は広いようでいて狭いのです。悪いことはできません。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT