エンジニアは「社員の入退社」が激しすぎる

この間入社した社員はもう辞めていた!

この業界、人の出入りが激しかったりします。しばらく見ないなあと思っていると、静かに退職していたり・・・。入れ替わりが早いために、毎月のように歓送迎会をやる職場もあったりします。

なんでそんなに入れ替わりが激しいのでしょうか。いろいろな理由があるでしょうが、誰かが辞めたときに、管理職が慌てて採用することにも理由がありそうです。現場のニーズを分かっていないのでピント外れな人を採用してしまい、採用されたほうも、受け入れる側の社員も不幸・・・ということは少なくないのです。そのため人の入れ替わりが激しくなります。

最近、石塚くんを見ないなあとつぶやいたら、なんと退職していたようです。赤いシャツを着た同僚(くのりん)が「この前のプロジェクトが終わった後に辞めたよ」と教えてくれました。

ぼへちゃん、図書館のシステムの時に、石塚くんと一緒に仕事をしたので、あいさつだけでもしておきたかったのですが、残念でした。

ところが、ある日ソフトウェアベンダーさんと打ち合わせ。次からシステム担当者が変わるのでごあいさつに来ました。すると新担当は石塚くんでした。本当にこの業界は広いようでいて狭いのです。悪いことはできません。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。