エンジニアは「社員の入退社」が激しすぎる

この間入社した社員はもう辞めていた!

この業界、人の出入りが激しかったりします。しばらく見ないなあと思っていると、静かに退職していたり・・・。入れ替わりが早いために、毎月のように歓送迎会をやる職場もあったりします。

なんでそんなに入れ替わりが激しいのでしょうか。いろいろな理由があるでしょうが、誰かが辞めたときに、管理職が慌てて採用することにも理由がありそうです。現場のニーズを分かっていないのでピント外れな人を採用してしまい、採用されたほうも、受け入れる側の社員も不幸・・・ということは少なくないのです。そのため人の入れ替わりが激しくなります。

最近、石塚くんを見ないなあとつぶやいたら、なんと退職していたようです。赤いシャツを着た同僚(くのりん)が「この前のプロジェクトが終わった後に辞めたよ」と教えてくれました。

ぼへちゃん、図書館のシステムの時に、石塚くんと一緒に仕事をしたので、あいさつだけでもしておきたかったのですが、残念でした。

ところが、ある日ソフトウェアベンダーさんと打ち合わせ。次からシステム担当者が変わるのでごあいさつに来ました。すると新担当は石塚くんでした。本当にこの業界は広いようでいて狭いのです。悪いことはできません。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。