葛藤!エンジニアを悩ます「転職」への誘惑

現実逃避したい、そんなときもある

憂鬱な月曜日。長い1週間のはじまりは、どうしても憂鬱になりがちです。

そんな日には、「もっといい仕事がほかにもあるんじゃないかなー」なんていう思いが頭をよぎるときってありますよね。

ふと、求人サイトで検索してみると、わんさか求人案内が出てきます。

おお、ひょっとして売り手市場じゃないの? なんてわくわくしてみてると、割とどこも、すごい勢いのある会社のようです。世界を征服できるほどのスキルももってないしなぁ、と思いながらも、試しに良さげな会社を転職の口コミサイトで検索してみました。

最近は、ほんとにいいですよね。口コミによる評判を見てから、考えることもできるんですから。

あれ? どうも怪しいようですよ。ワークライフバランスなし、体力勝負、ワンマンのトップダウン、徹夜も月に数回はあるみたいだし、展望がないという厳しい評価も、ありました。

となりの芝生を見たくなるのは、憂鬱な月曜のせいだったのかもしれません。さあ、仕事をしましょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT