システムの確認をしたい、でも担当者は誰?

きちんと文書を残しましょう

システムエンジニアのぼへちゃん、今日は調べたいことがあるようです。

「○×システムの件の担当者は誰だろう?」。担当者の方から、直接、話を聞きたいようです。

これは管理系のお話。ということは総務かな?とあたりを付けて総務部の方に聞いてみました。そうではないようです。他の部署に行くように言われました。

言われた通りに、いろいろな部署をハシゴしてまわっていると、またふりだしに戻っちゃいました。

で、結局、○×システムの件を知っているのは誰なのでしょうか。文字通りの隔靴掻痒。結局、時間ばかりが過ぎていきイライラしてきます。

うーん。担当は誰なんだろうか・・・考え続けるぼへちゃん。社内事情を詳しく知っている先輩に聞いてみても、やっぱりわかりません。こうなると、もうお手上げ。要は担当者がいない、っていうことなのかもしれません。想像するに、担当者は、文書を残さないまま退社しちゃったのかも? 会社なんですから、社内文書をきちんとまとめて検索できるようにしておいたほうがいいですよね。

今週も、アンガーマネジメントをしながら、乗り切っていきましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。