会議はするものの、最後は「大丈夫だよね?」

エンジニアを襲う会議、会議、会議

会議・会議・会議・・・プロジェクトの状況の進捗報告だったり、今抱えている課題の共有だったり、エンジニアは、会議にしょっちゅう、かり出されます。

会議がなければ、別に、会社にいなくたって仕事が出来てしまうことが多いので、会社には会議のために行っている、といっても過言ではありません。

とりあえず、上司が気になるのは、1つだけです。そのプロジェクトが問題を起こさずにうまくいくかどうか。

うまく行くかどうかを聞くのではなく、うまくいくように課題を解決していかなきゃいけないのですが、ほとんどの上司はそんなことはしてくれません。

よくいえばチームメンバーの自主性とチームワークを重視しているのですが、本当に追いこまれたタイミングになっても、解決策をスパッと言ってくれるわけではありません。実際のところ、プロジェクトの詳細な中身をあまり理解していない、というのがよくあるパターンです。

ぼへちゃん、プロジェクトの進め方について、いろいろと判断材料になりそうなものを作成して説明するのですが、最後の言葉は「大丈夫なの?」。つまり、「大丈夫って言って!」と上司は思っているようです。「会議での報告をもとに大丈夫かどうかを判断するのが、管理職さんの仕事なのではないかなあ」とも思ってしまうのですが、ぼへちゃんはそんなこと口にしません・・・。

ああ今週も会議がたくさんある~。めげずに頑張っていきましょう!

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT