会議はするものの、最後は「大丈夫だよね?」

エンジニアを襲う会議、会議、会議

会議・会議・会議・・・プロジェクトの状況の進捗報告だったり、今抱えている課題の共有だったり、エンジニアは、会議にしょっちゅう、かり出されます。

会議がなければ、別に、会社にいなくたって仕事が出来てしまうことが多いので、会社には会議のために行っている、といっても過言ではありません。

とりあえず、上司が気になるのは、1つだけです。そのプロジェクトが問題を起こさずにうまくいくかどうか。

うまく行くかどうかを聞くのではなく、うまくいくように課題を解決していかなきゃいけないのですが、ほとんどの上司はそんなことはしてくれません。

よくいえばチームメンバーの自主性とチームワークを重視しているのですが、本当に追いこまれたタイミングになっても、解決策をスパッと言ってくれるわけではありません。実際のところ、プロジェクトの詳細な中身をあまり理解していない、というのがよくあるパターンです。

ぼへちゃん、プロジェクトの進め方について、いろいろと判断材料になりそうなものを作成して説明するのですが、最後の言葉は「大丈夫なの?」。つまり、「大丈夫って言って!」と上司は思っているようです。「会議での報告をもとに大丈夫かどうかを判断するのが、管理職さんの仕事なのではないかなあ」とも思ってしまうのですが、ぼへちゃんはそんなこと口にしません・・・。

ああ今週も会議がたくさんある~。めげずに頑張っていきましょう!

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
いま知っておきたい<br>天皇と日本史

「後醍醐天皇は超独裁者にして一流文化人」「光格天皇が朝廷の権威を高めたから維新が起きた」「昭和天皇は戦争指導に熱心だった」。有力学者による歴代天皇の研究で歴史を振り返りつつ、現代の天皇・皇室像を考える。