「栄養ドリンク」の残骸は、徹夜対応の名残り

ウェブエンジニア夫婦の「あるある日記」 その9

御社にも、コンピュータシステムの開発や管理をしているエンジニアの集団がいると思います。その机の上をちょっと覗いてみてください。整然とした机の割には、栄養ドリンクが1、2本転がっていませんか?

これは、いざという時のために置いている訳ではありません。夜中をすぎてくると、誰かがそっと差し入れて帰っていくことが多いのです。その残骸、もしくは手つかずのドリンクが転がっているのです。

システムトラブル、セキュリティの緊急事態・・・。今日は早く帰るつもり、というときに限って、「今日中に復旧すること!」「今日中に対応すること!」という、物々しいメールが流れてくるのです。

エンジニア以外のみなさんは、しばらく周りから遠巻きに心配そうに見ています。ホントに復旧するの?大丈夫なの?という視線を感じます。でも簡単には終わりません。日付が変わってしまうことも多く、徹夜対応になることもあるのです。

そんな時には、いろいろな差し入れをもらえることが多いのですが、それがかなりの確率で栄養ドリンク。「がんばってね!」という掛け声と、笑顔のガッツポーズとともに・・・。

栄養もらってもがんばれません、帰りたいです。今週はそんなことがおきませんように!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。