「何もしていないのに!」という定番言い訳

PCトラブルの際に必ず聞くフレーズのウソ

さて、今日も来ました、この相談。

「何もしていないのに、突然動かなくなったんですよ。ぼへさん、なんとかしてください!」

この「何もしていないのに」がくせものです。実は、必ず何かしているんですよ。しかも無意識だったりするので困ったものです。

本人は、「私は悪くない」の一点張りです。基本的に、動かなくなったのはコンピュータのせい。そのお守りをしているエンジニアのせい、ということになっています。

「はやく動くようにして!午前中にこの資料を作らないと、本当にまずいんですよ」

承知しました。なんとかします。まずは、ちゃんと原因をみつけてあげなくてはいけません。

で、原因がわかりました。「あなたが変なフリーソフトをインストールしたからですよ!これ、アンインストールしますからね」。

「へー、そんなことで動かなくなっちゃうんだ」ですって。まず反省はしてくれません。ということは、これからも「何もしていないんだけど……」という相談はなくならないんでしょうね・・・。

今週も頑張っていきましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。