「何もしていないのに!」という定番言い訳

PCトラブルの際に必ず聞くフレーズのウソ

さて、今日も来ました、この相談。

「何もしていないのに、突然動かなくなったんですよ。ぼへさん、なんとかしてください!」

この「何もしていないのに」がくせものです。実は、必ず何かしているんですよ。しかも無意識だったりするので困ったものです。

本人は、「私は悪くない」の一点張りです。基本的に、動かなくなったのはコンピュータのせい。そのお守りをしているエンジニアのせい、ということになっています。

「はやく動くようにして!午前中にこの資料を作らないと、本当にまずいんですよ」

承知しました。なんとかします。まずは、ちゃんと原因をみつけてあげなくてはいけません。

で、原因がわかりました。「あなたが変なフリーソフトをインストールしたからですよ!これ、アンインストールしますからね」。

「へー、そんなことで動かなくなっちゃうんだ」ですって。まず反省はしてくれません。ということは、これからも「何もしていないんだけど……」という相談はなくならないんでしょうね・・・。

今週も頑張っていきましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。