「何もしていないのに!」という定番言い訳

PCトラブルの際に必ず聞くフレーズのウソ

さて、今日も来ました、この相談。

「何もしていないのに、突然動かなくなったんですよ。ぼへさん、なんとかしてください!」

この「何もしていないのに」がくせものです。実は、必ず何かしているんですよ。しかも無意識だったりするので困ったものです。

本人は、「私は悪くない」の一点張りです。基本的に、動かなくなったのはコンピュータのせい。そのお守りをしているエンジニアのせい、ということになっています。

「はやく動くようにして!午前中にこの資料を作らないと、本当にまずいんですよ」

承知しました。なんとかします。まずは、ちゃんと原因をみつけてあげなくてはいけません。

で、原因がわかりました。「あなたが変なフリーソフトをインストールしたからですよ!これ、アンインストールしますからね」。

「へー、そんなことで動かなくなっちゃうんだ」ですって。まず反省はしてくれません。ということは、これからも「何もしていないんだけど……」という相談はなくならないんでしょうね・・・。

今週も頑張っていきましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。