「ちょっとお願い!」に応えるネットの便利屋

牛乳の買い出しから、イケア家具の組み立てまで

 現在ほど、「仕事の方法」について議論される時代はないだろう。厳格なルールの中で社員を管理してきた会社は、イノベーションや時代の変化の中で生き残れなくなっている。同時に深刻な経済危機を通じて、どんなに安定しているように見えた職場も決してそうでないことがわかった。そして、教育と求められているスキルとの乖離が縮まらない。

そんな中で、便利屋さんを探すのを手伝う「タスクラビット」というサービスが、労働市場の概念を変えてしまうのではないかとも期待されているのは、面白いことだ。順を追って説明しよう。

タスクラビットHPより(https://www.taskrabbit.com/about)

ドックフード、誰かが買ってきてくれたらな……

タスクラビットは、2008年にリー・バスクが創設したサイトだ。創設のきっかけはこんなことだった。

ある夜、友達に会いに行こうと家を出ようとしていたとき、飼い犬のドッグフードが切れているのに気づいた。

「ああ、誰かちょうどストアに向かう近所の人がいたらなあ。一緒に買ってきてもらえるのに」

痛切にそう思ったバスクは、出かけるタクシーの中で夫とそんなことを話し合って、訳せば「ちょっとお使いに行って」という名前のドメインネームまで登録してしまった。そこから生まれたのがタスクラビットだ。

タスクラビットは、ちょっとした用事をやってもらいたい人と、ちょうどその時間にその用事ができる人を結び付けるサービスである。用事は、ミルクを買いにいく、掃除をする、イケアの家具を組み立てる、犬の散歩をするなどいろいろ。用事の内容をタスクラビットのサイトに掲示し、それを見て、できる人が値段を提示する。手を挙げた人が複数いれば、頼みたい人が選んで用事を頼む。用事が完了したらタスクラビット経由で支払い。それでおしまいだ。

知らない人に用事を頼むのは勇気がいるかもしれないが、タスクラビットでは用事をする人々のバックグラウンド・チェックをし、さらにこれまで用事を頼んだ人々によるレーティングもわかるようになっている。これまでならば、人づてにしかわからなかったそうした情報もオープンにされていて、安心感を加えるのだ。

定期的に契約して来てもらうわけではないけれども、時々、頼みたいといった用事はたくさんある。タスクラビットは、そうした場合に安心して使えるサービスなのである。

次ページお願いするほうも、されるほうも!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT