夏休みをとれない!それがエンジニア

なぜか休みの日に限って障害発生!

「夏休み? なに、それっておいしいの? 食べたことないし」

連日、休みなしで猛暑を過ごしているエンジニアのみなさまも多いのかもしれません。

なんといっても、システムは24時間365日動いています。動いているからには、壊れます。しかもなぜか休みの日に限って。そうすると、休み中であっても、パソコンをひらいて障害対応をします。それが仕事ですから。

人によっては携帯電話の着信音をダースベーダーのテーマにしていたり。これだと、確かに着信時の襲撃がわかりやすいです。

もちろん中にはきっちりと休める会社もあるんです。メーカー系のエンジニア会社の場合は一斉に休めるんですね。その場合には、本当にみんなが休んじゃう。

ぼへちゃんも、夏こそ一斉にサーバーを止める、という提案をしたのですが、これは却下されたようですよ。そりゃ、止められるはずがありません。お休みの日こそ、検索したり、写真をアップしたり、楽しいことをシェアしたりしますものね。がぜんシステムの負荷は大きくなるのです。そういうシステムを、陰ではエンジニアさんたちが支えているのであります。

今週も暑さ、局地的豪雨にめげず、頑張っていきましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT