夏休みをとれない!それがエンジニア

なぜか休みの日に限って障害発生!

「夏休み? なに、それっておいしいの? 食べたことないし」

連日、休みなしで猛暑を過ごしているエンジニアのみなさまも多いのかもしれません。

なんといっても、システムは24時間365日動いています。動いているからには、壊れます。しかもなぜか休みの日に限って。そうすると、休み中であっても、パソコンをひらいて障害対応をします。それが仕事ですから。

人によっては携帯電話の着信音をダースベーダーのテーマにしていたり。これだと、確かに着信時の襲撃がわかりやすいです。

もちろん中にはきっちりと休める会社もあるんです。メーカー系のエンジニア会社の場合は一斉に休めるんですね。その場合には、本当にみんなが休んじゃう。

ぼへちゃんも、夏こそ一斉にサーバーを止める、という提案をしたのですが、これは却下されたようですよ。そりゃ、止められるはずがありません。お休みの日こそ、検索したり、写真をアップしたり、楽しいことをシェアしたりしますものね。がぜんシステムの負荷は大きくなるのです。そういうシステムを、陰ではエンジニアさんたちが支えているのであります。

今週も暑さ、局地的豪雨にめげず、頑張っていきましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。