エンジニア夫婦のデートは社会科見学?

帰りの電車でも止まらない、うんちくの披露

今日も本当に暑かったですね。こんなお休みの日のデートですが、ぼへぼへ夫婦は、科学未来館、科学技術館など、いわゆる「学習系」の場所へ行くことが好きです。

科学未来館へ行くと、インターネット物理モデルの展示があったりして、だんな君は、もうそれこそ、そこの係員ですかっていうくらい、事細かに説明してくれます。

それがひとしきり終わったかな?と思ったら、パーソナルコンピューターができるまでの歴史って知っている?と言い出したかと思うと、ゼロックスのパロアルト研究所から始まって、ベル研究所、アップルコンピューター、マイクロソフトの誕生、という具合に、展示はさておきで話を続けて、帰りの地下鉄でまで延々と話しています。どうやら、火がついちゃうと止まらないみたいです。

今日もデートたのしかったなあ!という感想よりも、今日の社会見学も勉強になったなぁという感想で終わるぼへちゃんでした(本当に勉強になるので、嫌いではありません)。

熱中症に気をつけて、明日からの仕事も頑張りましょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。