エンジニアは便利屋ではありませんから

ウェブエンジニア夫婦の「あるある日記」 その3

会社では、ぼへぼへはインターネットインフラのエンジニアをやっております。どちらかというと、サーバー周りをやっているので、周りの人からは「いつも黒い画面をみているね」と言われており、まるで黒魔術師のように見られています(違)。

さて、「エンジニア=パソコンとか機械ものすべてに詳しい人」という等式がエンジニア以外の人には浸透しているようで、パソコン、スマホ、プリンタ、ネット接続関係の故障からはじまり、ワード、エクセルの悩みから、ウェブサイトの構築、ちょっとしたサイトデザイン、動画編集など、なにもかも一通りできると思われています。

会社でも、しょっちゅう声を掛けられます。別に嫌いではないので、そのたびに本来の仕事を中断してお手伝い申し上げます。

あれ、便利屋と化している?何でもできるまなざしで見ないようにお願いしますw

会社だけではありませんよ。親戚が集まったりしても、相談が始まります。「ぼへちゃん、そういえばパソコンを立ち上げるといつも同じ警告が出てくるようになったんだけど、どうしたらいいの?」「年賀状の宛名を新しいパソコンに移してほしいんだけど」。

なんでか、おじさんの家のパソコンをずっと触っていたりします。あ、別に嫌いではないんですけど。

明日は「海の日」ですね。あさってから会社。また今週も頑張りましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。