スジャータの花占い、当たる確率は?

すぐにガッチリ計算してしまうエンジニア登場

「年齢を16進数で答えてしまうエンジニア」として、第4回に登場した「くのりん」が再登場です。さて、今日は確率の講義のようです。

休憩室で、たわいもない会話をしているところに、がち数学的な話を「普通」に始めたりするのが、くのりんです。褐色の恋人でおなじみの「スジャータ」の誕生花シリーズって知っていますか?

スジャータのラベルには誕生花と花言葉が描いてあるのですが、どうも、彼女は今回も自分の誕生日のものをみつけられなかったようなのです。

「もう7袋目なんだけど、そろそろ当たってもいいんじゃないかな?」「そうだよね、50個が7袋ということは、350個もあったんだからね~」

なんて、のんびりとした会話なんですが、

「いや、違うよ!確率論的には間違っている」と、くのりんが割って入ってきました。

そのお話は次のようなものです。

・・・たとえ、7袋買っておおよそ1年分だなーとしても、誕生花に当たらない確率のほうが大きいよ。誕生日は、366日あるうちの1日だよね。その1日に外れる確率はというと、365/366。

スジャータの袋を50個入り1袋で、すべて外れる確率を割りだしてみると、(365/366)^50で、つまり、87.214...%の確率で当たらないんだよ。

で、たとえ7袋繰り返して買ったとしても、(365/366)^50^7で計算すれば、38.38156...%でしょ。だから38.38156...%の確率で当たらないんだよ。外れる確率がけっこう高いってわかるよね?(ドヤ顔)

「 ・・・・・・・・」

今日も、なんだか、エンジニアらしい休憩室での会話でした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT