スジャータの花占い、当たる確率は?

すぐにガッチリ計算してしまうエンジニア登場

「年齢を16進数で答えてしまうエンジニア」として、第4回に登場した「くのりん」が再登場です。さて、今日は確率の講義のようです。

休憩室で、たわいもない会話をしているところに、がち数学的な話を「普通」に始めたりするのが、くのりんです。褐色の恋人でおなじみの「スジャータ」の誕生花シリーズって知っていますか?

スジャータのラベルには誕生花と花言葉が描いてあるのですが、どうも、彼女は今回も自分の誕生日のものをみつけられなかったようなのです。

「もう7袋目なんだけど、そろそろ当たってもいいんじゃないかな?」「そうだよね、50個が7袋ということは、350個もあったんだからね~」

なんて、のんびりとした会話なんですが、

「いや、違うよ!確率論的には間違っている」と、くのりんが割って入ってきました。

そのお話は次のようなものです。

・・・たとえ、7袋買っておおよそ1年分だなーとしても、誕生花に当たらない確率のほうが大きいよ。誕生日は、366日あるうちの1日だよね。その1日に外れる確率はというと、365/366。

スジャータの袋を50個入り1袋で、すべて外れる確率を割りだしてみると、(365/366)^50で、つまり、87.214...%の確率で当たらないんだよ。

で、たとえ7袋繰り返して買ったとしても、(365/366)^50^7で計算すれば、38.38156...%でしょ。だから38.38156...%の確率で当たらないんだよ。外れる確率がけっこう高いってわかるよね?(ドヤ顔)

「 ・・・・・・・・」

今日も、なんだか、エンジニアらしい休憩室での会話でした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。