近づくとケガをする!炎上プロジェクトの臭い

プロジェクトルームをみれば分かる!

「ぼへくん、忙しいところ悪いね~。ちょっと3カ月くらいなんだけど、別のプロジェクトを手伝ってもらってもいいだろうか?」

突然、上司に呼ばれて、そう優しい声で告げられたら、危険信号だったりします。

そのプロジェクトルームに行ってみると、うずたかく積み上げられたレッドブルの箱、机に転がる栄養ドリンク、うつろな目をして、昨日何時に帰れた?俺?帰ってないよ、
みたいな睡眠時間最小自慢の声・・・。

そう、これは明らかに、何らかのトラブルに見舞われている炎上プロジェクトだったりします。そう、ぼへちゃんは、火消しの一員に選ばれてしまったのであります。

あれ?ぼへちゃんは、なぜかプロジェクトルームを後にして、自席に戻ってきていますね。

下見をして、炎上プロジェクト臭を察知。必死の抵抗を試みようとしているようですが、まぁ逃げられないのがエンジニアの業だったりします。精一杯の抵抗を示している、ということのようです。

炎上プロジェクトの火消し要員の皆様、お疲れ様です。明日からの1週間もめげずに頑張っていきましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。