ほんとうにほしいもの、つくれているのか?

ウェブエンジニア夫婦のあるある日記 その15

クライアントがほんとうに欲しいものを、エンジニアは提供できているのでしょうか?

クライアントが「欲しい!」と思っている機能は仕様書になってやってこないとつくりようがないのですが、実のところ、本当に欲しいものが書かれていない、それだけでなく欲しくないものが書かれていることがあります。

このことを表現した有名な図が、「オレゴン大学の実験」(C.アレグザンダ―・他著、B6判、203頁、鹿島出版会、1977年12月、リンク先:日経BP社)になります。

ぼへちゃんの周りでもそんなことがしょちゅう起きています。

社長さんはどうやら、自社のシステムを刷新したいようです。

その会社の情報管理部門の人が、社長の意向をくみ取って(?)発注先の営業さんに要件を話したようです。

それを聞いた営業さんが張り切っています。

大きい案件ということで張りきりすぎて、ゴージャスな仕様がどんどんつくられていきます。

そして、営業さんのまとめてきた資料をみたぼへちゃんは本当にこんなものが欲しいのかなあ?と思いつつ、プロトタイプを作ります。

そしてクライアント先にレビューにいったところ、社長は「ちょっと思っていたものとは違う」と言いだし、情報管理部門も「こんな要求はしていない」と怒り出します。

今日も、どこかで、こんなことがどこかで起きているかもしれませんね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。