ショックで落ち込む!そんな時もある

ウェブエンジニア夫婦のあるある日記 その16

あれ? 今日のぼへちゃん、どうしたのでしょうか?

パソコンの前に座っていますが、いつものぱちぱちというタイプの音が聞こえてきません。

じっと画面をみているだけです。メールを読んでいるわけでもなく、一点を見つめています。

なにかショックなことがあったようです。クライアントからの無理難題? そんなことはしょちゅうあるので、落ち込みません。

連日徹夜しなければならないような大きなバグが見つかったんでしょうか? これもよくあることなので、落ち込んでいたらこの仕事は続けられません。

理不尽なタスクをふられたんでしょうか? 理不尽ではない仕事のほうが珍しいくらいなので、そんなことで怒っていたら、1日だって仕事はできませんよ!

・・・・と言いながら、毎日朝から晩まで頑張っているのですが「もう、頑張れないよ~!」と力が抜けてしまう時もあるのです。皆さんにも、そういう時があるのではないでしょうか。

そんなときにはどうすればいいか? 解決策があります。

そのまま仕事を続けていてもマックス効率が悪くなっています。居酒屋で暴れるか、思いっきり泣いてしまうか、思いっきりおいしいごはんをたべるか。とにかく仕事を忘れて、ストレスを発散するしかありません。

そうしたら、次へ進んでいけるのです。皆さんのまわりに、様子のおかしいエンジニアがいたら、早めに帰らせてあげてくださいね。

さあ皆さん、今週も1週間、頑張っていきましょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
睡眠研究で世界を牽引<br>ひと烈風録 柳沢正史

ヒトはなぜ眠るのか。永遠の謎とされる睡眠の基礎科学の分野で、世界のトップを走るのが柳沢正史筑波大学教授だ。睡眠物質や眠気遺伝子の発見、重要なタンパク質同定などの実績を上げ、睡眠の謎解明まであと一歩に迫る研究熱中人生をなぞる。