ショックで落ち込む!そんな時もある

ウェブエンジニア夫婦のあるある日記 その16

あれ? 今日のぼへちゃん、どうしたのでしょうか?

パソコンの前に座っていますが、いつものぱちぱちというタイプの音が聞こえてきません。

じっと画面をみているだけです。メールを読んでいるわけでもなく、一点を見つめています。

なにかショックなことがあったようです。クライアントからの無理難題? そんなことはしょちゅうあるので、落ち込みません。

連日徹夜しなければならないような大きなバグが見つかったんでしょうか? これもよくあることなので、落ち込んでいたらこの仕事は続けられません。

理不尽なタスクをふられたんでしょうか? 理不尽ではない仕事のほうが珍しいくらいなので、そんなことで怒っていたら、1日だって仕事はできませんよ!

・・・・と言いながら、毎日朝から晩まで頑張っているのですが「もう、頑張れないよ~!」と力が抜けてしまう時もあるのです。皆さんにも、そういう時があるのではないでしょうか。

そんなときにはどうすればいいか? 解決策があります。

そのまま仕事を続けていてもマックス効率が悪くなっています。居酒屋で暴れるか、思いっきり泣いてしまうか、思いっきりおいしいごはんをたべるか。とにかく仕事を忘れて、ストレスを発散するしかありません。

そうしたら、次へ進んでいけるのです。皆さんのまわりに、様子のおかしいエンジニアがいたら、早めに帰らせてあげてくださいね。

さあ皆さん、今週も1週間、頑張っていきましょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT