仕様書ファイル、ホンモノはどれ?

フォルダ内に大量の仕様書ファイルが!

お客様から仕様書が届きましたよ。さて、フォルダを開けてみましょう。

ん? フォルダの中には、いくつもの仕様書が入っています。いったいどれがホンモノなのかがわかりません。

仕様書_new.xls
仕様書_Ver1.xls
仕様書_新.xls
仕様書_update.xls
仕様書_20141023.xls
仕様書_とりあえず.xls
仕様書_backup.xls

 

どれですか?!

とか思っていると、実はファイルの中身もよくわからない状態だったりして。

途中経過のものを送ってしまったようですが、こんな状態の仕様書は先が思いやられます。

あっ、あるある、と思ったそこのアナタのローカルのドキュメントもおんなじようになったりしていませんか?

何事もルールをもったラベリングって大事ですよね。自分でも絶対にわからなくなってしまいますよ。

すっかり朝晩冷え込むようになってきました。

今週も風邪に気を付けて頑張っていきましょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。