エンジニア話法は"ルー語"よりスゴかった

ステータス、エビデンス、アラートとか・・・

 エンジニアさんって横文字を使って要件を伝えることが多いですよね。そして、いつの間にやら、それが普通の会話にも出てくることが多いようです。

「今度のプロジェクトにアサインされたので、今のステータス、アップデートしてシェアしてください」

「了解です。アライアンス案件だけど当社イニシアチブなのでフルコミットでお願いしますね」

とか。

ちょっとした日常会話でも、

「新しくオープンしたお店にいくんだー」

「あとでフィードバックちょうだい」

という会話を平気でしてしまいます。

「課長、明日の予定がダメだそうなんですけど」

「リスケですね。じゃあ来週の課長のステータス確認して、アサインしなおしてフィックスできたら教えてね」

要は予定を再調整してねってことですから、日本語で普通にそう言うべきですよね、本来。

「クライアントさんから、障害報告が来ていますけど、どうしますか」

「じゃあエビデンスとっといて。フィックスしたら、こっちからコールバックするから」

・・・っていうか横文字が多すぎです。「あんたはルー大柴か!」って言いたくなりますよね。とくに、IT関連業種以外の人と話をする場合には、ほどほどにしたほうがよさそうですよ。

以下の記事もご参考に・・・
IT業界のルー語 BEST40 - Six Apart ブログ
まるでルー語! 日本語使えば? と思うビジネス用語- アメーバニュース
代表挨拶がルー語すぎるIT企業が話題に - ねとらぼ

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。