エンジニア話法は"ルー語"よりスゴかった

ステータス、エビデンス、アラートとか・・・

 エンジニアさんって横文字を使って要件を伝えることが多いですよね。そして、いつの間にやら、それが普通の会話にも出てくることが多いようです。

「今度のプロジェクトにアサインされたので、今のステータス、アップデートしてシェアしてください」

「了解です。アライアンス案件だけど当社イニシアチブなのでフルコミットでお願いしますね」

とか。

ちょっとした日常会話でも、

「新しくオープンしたお店にいくんだー」

「あとでフィードバックちょうだい」

という会話を平気でしてしまいます。

「課長、明日の予定がダメだそうなんですけど」

「リスケですね。じゃあ来週の課長のステータス確認して、アサインしなおしてフィックスできたら教えてね」

要は予定を再調整してねってことですから、日本語で普通にそう言うべきですよね、本来。

「クライアントさんから、障害報告が来ていますけど、どうしますか」

「じゃあエビデンスとっといて。フィックスしたら、こっちからコールバックするから」

・・・っていうか横文字が多すぎです。「あんたはルー大柴か!」って言いたくなりますよね。とくに、IT関連業種以外の人と話をする場合には、ほどほどにしたほうがよさそうですよ。

以下の記事もご参考に・・・
IT業界のルー語 BEST40 - Six Apart ブログ
まるでルー語! 日本語使えば? と思うビジネス用語- アメーバニュース
代表挨拶がルー語すぎるIT企業が話題に - ねとらぼ

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。