AppleⅡ用ゲーム「Wizardry」のスゴイ効能

高速タイプの原点は、伝説のゲームだった

「カタカタカタカタ....」

 だんな君の快速タイピング音が今日もお隣から聞こえてきます。

子どもの頃からキーボードに慣れ親しんでいただけに、だんな君のタイピングは大変な高速です。

もちろんブラインドタッチ。

こんなに速く打てたら仕事の効率も上がりますよね。

というわけで、ぼへちゃんもぱちぱちタイピングから卒業するため、タイピング練習ソフトを買ってきました。

ゲーム感覚で練習できるので、楽しみながらタイピングを習得できます。

そういえばだんな君、昔はこんなソフトなかったはずですが、どうやってその快速タイピングをマスターしたんでしょうか?

「僕も最初はゲームからだよ」といって見せてくれたのが、大変古いロールプレイングゲーム。その名前は「ウィザードリー」。

「このゲーム、魔法使いや僧侶が唱える呪文のスペルをキータイプしないと唱えられないんだよ」

こういうゲーム、今では十字キーで唱える呪文を選択する方式が一般的ですが、昔はこんなゲームがあったんですね。

このゲームで遊んだお陰で、最初のキーボードアレルギーは卒業できたようなんですが、その先はどうやって進化したのでしょうか。・・・・その話は、もう終わって、すでに昔のゲームの話になっているようです。どうして、こう自分の好きなゲームの話になるとキラキラオーラを放つんでしょうね。

以下の記事もご参考に・・・

Wikipedia『ウィザードリィ』……1981年に米国のSir-Tech社からApple II用ソフトウェアとして発売されたコンピュータ・ロールプレイングゲーム

『ウィザードリィ』メイジの呪文……スティングのサイトより

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。