エンジニアはチェックの服が大好き

どうして同じような服を着ているの?

さて、今回は新しく、図書館のシステムをつくるお仕事がきました。ぼへちゃん、張り切ってクライアントのシステム担当の人にメンバーを紹介しています。

開発担当、運用担当、とひととおり紹介し終わって、

「さて、システムの仕様についてですが……」、と説明しようとすると、クライアントさんが一言、我慢しきれなかった様子で質問をしてきました。

「なんで、みんなチェックのシャツなんですか」

おおお、ホントだ。

示し合わせたわけでもないのですが、よくみると、9割のメンバーのシャツがチェックの服を着ていました。

エンジニアや理系の学生などには、なぜかチェック柄が多い……。これは、すでにネタにもなっておりましてサイボウズさんの記事(外部リンク)は、その典型です。

クライアントさんからみると、来る人がみんな同じチェックのシャツを着ていればビックリかもしれません。

よくみると、メガネ率も高くて、ちょっとびっくり……。

あなたの今日着ているシャツ、チェックですか?

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。