エンジニアはチェックの服が大好き

どうして同じような服を着ているの?

さて、今回は新しく、図書館のシステムをつくるお仕事がきました。ぼへちゃん、張り切ってクライアントのシステム担当の人にメンバーを紹介しています。

開発担当、運用担当、とひととおり紹介し終わって、

「さて、システムの仕様についてですが……」、と説明しようとすると、クライアントさんが一言、我慢しきれなかった様子で質問をしてきました。

「なんで、みんなチェックのシャツなんですか」

おおお、ホントだ。

示し合わせたわけでもないのですが、よくみると、9割のメンバーのシャツがチェックの服を着ていました。

エンジニアや理系の学生などには、なぜかチェック柄が多い……。これは、すでにネタにもなっておりましてサイボウズさんの記事(外部リンク)は、その典型です。

クライアントさんからみると、来る人がみんな同じチェックのシャツを着ていればビックリかもしれません。

よくみると、メガネ率も高くて、ちょっとびっくり……。

あなたの今日着ているシャツ、チェックですか?

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT