エンジニアによくある、帰省のワナ

休み中でもパソコンから離れられません

 年末年始を実家で過ごした人も多いと思います。

久しぶりに「ただいまー」と帰ったら、あいさつもそこそこに、待っていましたとばかりにいろんな質問がぶつけられます。 

「パソコンが最近フリーズすること多くなったんだけど、どうしてだろう」

そのパソコンを見て、あまりの古さにびっくり。心の中では(え、いつの時代のパソコンですか? 新しいものを買えばいいのに)と叫びます。

「年賀状印刷がきれいにできない!」

(ヘッドクリーニングをしていないだけだって)

「インターネットって便利みたいね。どう使ったらいいのか、教えてね」なんて質問までされてしましました。どうやら、実家のシステム担当者と思われているようです。

結局OSをインストールし直したり、プリンターのインクを買いに行ったり、モデムを買いに行ったり……。帰省しているのに、普段の仕事の延長のような感じになっていきます。できるだけいい状態にしてあげたいので、適当なことはできません。真剣です。

こんな経験をしたエンジニアの方は多いのでは?

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。