プログラムが動かない!その意外な理由は?

コンピュータは凡ミスを許してくれません

「うーん、うーん」

どうしたのでしょうか。エンジニアのぼへちゃん、さっきからパソコンの前でうなっています。どうやら、プログラムが動かなくて困っているようです。

解決策はないものかどうか。ググったりエンジニアさんのブログをみたりして、いろいろと調べていじっているのですが、何が原因でプログラムが言うことを聞かないのかがさっぱりわかりません。

この問題、今日のうちになんとか解消して、明日の本番テストにのせないといけないんだけど、どうしよう。社内には相談できる人もいないし。

と言ってるうちに、終電もせまってきたので、あきらめざるを得ないのか。

・・・と、そこへ同じエンジニアのだんなくんが心配そうにやってきました。

のぞきこんでひとこと。「"search"と " saerch" でつづりが違うよ?」

検索 " search" と書かなくてはいけないところを、"saerch"とスペルミスをしていたのが原因でした。プログラムは、こういう凡ミスを許しません。

ぼへちゃんは、ロジックの部分だとばかり思って、数時間も考えぬいたため、燃え尽きてしまいました。ま、動いたのならいいんじゃないでしょうか(笑)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT