正月に上司から着信・・・どうするべきか?

とりあえず見なかったことにしました

謹賀新年

あけましておめでとうございます!毎週日曜日18時のあるある日記、今年もよろしくお願いします。

さて、これからおせちを食べて、初詣に行って、テレビを見て寛ごうと思っていたら、携帯が鳴っています。見ないふりをしておいて、あとで着信履歴をみてみると、課長からの電話でした。

2人顔を見合わせて、この着信はみなかったことに決定。もし、もう一度掛かってくれば、そのときに出ましょう。そうそう、間違い電話かもしれないし。

さあて、お参りにいきますか!とはいえ、なんの電話だったんだろう。何かのトラブルがあったのかもしれません。結局、気になって仕方がありません。恐るべし、課長からの電話・・・・。

そういえば、同僚の中には、課長からの電話の着信音をダースベイダーのテーマにしている人もいました。エンジニアにとって(ほかの職種も一緒かもしれませんが・・・・)、上司からの電話は、本当にドキドキなのです。

明日1月5日から仕事始めの方が多いと思います。今年も1年、めげずにがんばっていきましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。