「家庭内決済仕分けシステム」がやってきた

エンジニアは家族間であってもキッチリ

ぼへちゃん、今日は朝からネットショッピングを楽しんでいます。

あ、読みたかった新刊が出てるー、これを買おうっと(ポチッ)。

あ、おいしそうなお菓子だ!お店に行く時間がないから買ってしまいましょう(ポチッ)。

欲しいと思ったら、その場ですぐにお買い物をできてしまうのが、インターネット時代の最高の楽しみですよね。

しかし、いくら便利だとしてもタダではありません、もちろん。どうやら、お買い物の時に使っているカードはだんなくん(=ぼへぼへの旦那)名義の家族カードのようです。

家族カードだと、請求は全部だんなくんに行くのだと思えば、買い物も弾みます。

さて、横目で見て、だんなくんはそのことに気付いているようです。そこはぬかりなく、クレジットカード会社からCSVをダウンロードし、家族カード利用分にはフラグが立て、それを自動選択して合算してぼへちゃんにメール送信。使用分はきちんと請求するようです。

さすが、家庭内インフラ担当!ぼへちゃんの作戦は失敗してしまいました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
50歳からの<br> お金の教科書

リタイアも見えてきた50歳。老後は1億円必要といわれ、不安なのはお金だが、どう向き合えばよいのか。高齢期は低リスクが第一。各種保険や仕組み債のリスクも盛り込み、人生100年時代の「正しい資産運用術」を個別具体的に指南。