開発系女子、バレンタイン男女比問題に悩む

エンジニア業界は女性が少ないから大変

さて、2月14日は恒例のバレンタインデーです。その直前の数日は、職場で先輩、後輩を交えて女子が集まり、「今年の会社チョコはどうしましょうか」といった、ちょっと面倒な相談が始まる時期だと思います。

エンジニア業界の会社は、だいたい男女比率が極端に偏っており、女性がとっても少ないのです。その少ない人数で、会社の男性陣に配るチョコを考えるところに難しさがあります。

けっこう出費がかさむのです。かといって、安っぽいのもつまらないしなぁということで、昼休みに作戦会議を何度か開いたりします。

無事バレンタインの当日を迎えて、ほっとするのですが、そっちばかりに気を取られていると・・・・。会社のチョコに気をとられてしまい、肝心のパートナーへのチョコレートの手配を忘れてしまうことも。皆さんは、そんなことのないようにしてください。

今週は11日が建国記念日でお休み。月曜日と火曜日のお仕事を頑張れば、1日休みを挟むことができます。元気を出していきましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。