しょっぱいプロジェクトに真打ちが登場! 頭の回転の速いエンジニアがやってきた

印刷
A
A

さて、10月からは、課長に無理矢理つっこまれたプロジェクトがはじまるようです。

メンバーは3人のうち新人が2人という構成。それでリリースが決まっている案件をどうやってまわすのでしょうか。

こういうことは、よく起きます。みんななんらかのプロジェクトに参加しているため、急に立ち上がったプロジェクトに割けるようなエンジニアはいません。どこのプロジェクトも人手不足気味で仕事をしていますから、戦力になりそうなエンジニアを譲ってくれるわけもありません。

ところが、プロジェクトにはもうひとりいるようです。課長曰く「真打ち」。期待できるのでしょうか。

「やあやあ、炎上プロジェクトエンジョーゥイしてる?」「炎上!したらオレ登場!」と、やたらハイテンションで、ダジャレまみれの真打ちがやってきました。頭の回転が早いのか、ノンストップでダジャレがくりだされており、新人さんは固まっています。

課長! いったい、どこが真打ちなんですか?

「彼、頭の回転速いだろ?」

確かに速いですけど、仕事はどうなんですか? さて、このプロジェクトの運命やいかに。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT