しょっぱいプロジェクトに真打ちが登場!

頭の回転の速いエンジニアがやってきた

さて、10月からは、課長に無理矢理つっこまれたプロジェクトがはじまるようです。

メンバーは3人のうち新人が2人という構成。それでリリースが決まっている案件をどうやってまわすのでしょうか。

こういうことは、よく起きます。みんななんらかのプロジェクトに参加しているため、急に立ち上がったプロジェクトに割けるようなエンジニアはいません。どこのプロジェクトも人手不足気味で仕事をしていますから、戦力になりそうなエンジニアを譲ってくれるわけもありません。

ところが、プロジェクトにはもうひとりいるようです。課長曰く「真打ち」。期待できるのでしょうか。

「やあやあ、炎上プロジェクトエンジョーゥイしてる?」「炎上!したらオレ登場!」と、やたらハイテンションで、ダジャレまみれの真打ちがやってきました。頭の回転が早いのか、ノンストップでダジャレがくりだされており、新人さんは固まっています。

課長! いったい、どこが真打ちなんですか?

「彼、頭の回転速いだろ?」

確かに速いですけど、仕事はどうなんですか? さて、このプロジェクトの運命やいかに。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。