しょっぱいプロジェクトに真打ちが登場!

頭の回転の速いエンジニアがやってきた

さて、10月からは、課長に無理矢理つっこまれたプロジェクトがはじまるようです。

メンバーは3人のうち新人が2人という構成。それでリリースが決まっている案件をどうやってまわすのでしょうか。

こういうことは、よく起きます。みんななんらかのプロジェクトに参加しているため、急に立ち上がったプロジェクトに割けるようなエンジニアはいません。どこのプロジェクトも人手不足気味で仕事をしていますから、戦力になりそうなエンジニアを譲ってくれるわけもありません。

ところが、プロジェクトにはもうひとりいるようです。課長曰く「真打ち」。期待できるのでしょうか。

「やあやあ、炎上プロジェクトエンジョーゥイしてる?」「炎上!したらオレ登場!」と、やたらハイテンションで、ダジャレまみれの真打ちがやってきました。頭の回転が早いのか、ノンストップでダジャレがくりだされており、新人さんは固まっています。

課長! いったい、どこが真打ちなんですか?

「彼、頭の回転速いだろ?」

確かに速いですけど、仕事はどうなんですか? さて、このプロジェクトの運命やいかに。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT