「詳細未定」というプロジェクトはしょっぱい

なぜか締め切りと工数だけはガッチリ決定

10月といえば、3月決算会社の後半が始まる月。その10月を前にして9月から10月にかけて人事異動がある会社はたくさんあると思います。

課長が神妙な顔つきでぼへちゃんのところに近づいてきました。どうやら人事異動の内示のようです。

課長が力をこめて話し始めましたよ。

「ぼへ君の腕をみこんで、ぜひ10月から新しいプロジェクトをお願いしたい」「これまでのキミの働きを見て僕が強く推した人事なんだ」

・・・なんか、おかしいですねえ。やたらもちあげる場合は、だいたいキナ臭いときが多いですよね。

「何のプロジェクトでしょう?」

「リリースは1月末にきまっていて、あ、メンバーは君いれて3人だから」

「えええ?何をつくるんですか?」

「それをぼへ君がこれからお客さんと決めるんじゃ無いか。これは君の腕をみこんで、是非おねがいしたいんだ」

出ました・・・。締め切りと工数だけは決まっているけど、何をやるのかがよくわからないプロジェクト。だいたい中身がわからないのに、なんで、リリース日だけ決まってるんですか、課長!(怒)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT