「詳細未定」というプロジェクトはしょっぱい

なぜか締め切りと工数だけはガッチリ決定

10月といえば、3月決算会社の後半が始まる月。その10月を前にして9月から10月にかけて人事異動がある会社はたくさんあると思います。

課長が神妙な顔つきでぼへちゃんのところに近づいてきました。どうやら人事異動の内示のようです。

課長が力をこめて話し始めましたよ。

「ぼへ君の腕をみこんで、ぜひ10月から新しいプロジェクトをお願いしたい」「これまでのキミの働きを見て僕が強く推した人事なんだ」

・・・なんか、おかしいですねえ。やたらもちあげる場合は、だいたいキナ臭いときが多いですよね。

「何のプロジェクトでしょう?」

「リリースは1月末にきまっていて、あ、メンバーは君いれて3人だから」

「えええ?何をつくるんですか?」

「それをぼへ君がこれからお客さんと決めるんじゃ無いか。これは君の腕をみこんで、是非おねがいしたいんだ」

出ました・・・。締め切りと工数だけは決まっているけど、何をやるのかがよくわからないプロジェクト。だいたい中身がわからないのに、なんで、リリース日だけ決まってるんですか、課長!(怒)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT