「詳細未定」というプロジェクトはしょっぱい

なぜか締め切りと工数だけはガッチリ決定

10月といえば、3月決算会社の後半が始まる月。その10月を前にして9月から10月にかけて人事異動がある会社はたくさんあると思います。

課長が神妙な顔つきでぼへちゃんのところに近づいてきました。どうやら人事異動の内示のようです。

課長が力をこめて話し始めましたよ。

「ぼへ君の腕をみこんで、ぜひ10月から新しいプロジェクトをお願いしたい」「これまでのキミの働きを見て僕が強く推した人事なんだ」

・・・なんか、おかしいですねえ。やたらもちあげる場合は、だいたいキナ臭いときが多いですよね。

「何のプロジェクトでしょう?」

「リリースは1月末にきまっていて、あ、メンバーは君いれて3人だから」

「えええ?何をつくるんですか?」

「それをぼへ君がこれからお客さんと決めるんじゃ無いか。これは君の腕をみこんで、是非おねがいしたいんだ」

出ました・・・。締め切りと工数だけは決まっているけど、何をやるのかがよくわからないプロジェクト。だいたい中身がわからないのに、なんで、リリース日だけ決まってるんですか、課長!(怒)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。