エンジニアは、スマホの設定にもこだわる

危険な知らせには、どんな音を割り当てる?

緊急地震速報のアラームってほんとに、びっくりしますよね。職場のあちこちで鳴り出すと「緊急」という感じがするため、素早い避難などにも役立ちそうです。危険な知らせは、びっくりするくらいがちょうどいいのです。

ピロリロリロリロ……。あれ? なんか軽快な音楽が流れてきましたね。

ももクロですか?

どうやら、同僚の田中君のスマホのようです。

おっと、彼女からのメールのようです。最近、彼女ができたばかりで浮かれ気味の田中くん、うきうきな音楽を設定していますね。

そんな話をしているところに、大音量でダースベイダーのテーマが!

今度は、田中君の会社携帯が鳴っているようです。いったい、誰からの電話なのでしょうか。田中君の敵からの電話?

どうやら課長からの電話のときは、ダースベイダーのテーマにしているようです。

確かに、上司から携帯電話に掛かってくる場合、危険な知らせが多いですよね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。