エンジニアがつぶやく「あの子」って誰?

機嫌が悪いと暴走する「危険人物」がいる!

「なんで、この子は言うこと聞いてくれないのかなー!」

え? 私のことですか?

「今日、あの子のごきげんがあまり良くないみたい!」

え? それって私じゃないよね。

「あの子、また暴走しまくっているらしいよ」「それってヤバくない?」

そんな危険人物がこの会社で働いているのでしょうか。この会社大丈夫?

・・・と思ったら、サーバとかプログラムのことを指して、「あの子」とか「この子」とか言ってるんですね。

これってエンジニアの間では、普通にかわされる会話です。でも、なんで機械を相手に話しかけてしまうのでしょうか。

「おまえ、なんで動かないんだよー。機嫌直してよ」

「この間はへそ曲げてエラい目にあったんだぞ。今日はちゃんと動いてくれよ」

おそらく皆さんの身の回りにも、画面に向かってブツブツ話しかけているエンジニアさんがいると思います。それだけ、自分たちのつくるモノに愛情を持っている、ということかもしれません。

だいぶ涼しくなってきました。季節の変わり目に体を壊さないよう、気を引き締めて明日からも頑張りましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT