トラブルはすべてシステム部門が犯人なのか

条件反射で「バグ」「不具合」と攻められる悲哀

「きゃーきゃー」いきなり職場で悲鳴です。

どした、どした、とぼへちゃんが駆け寄ったところ、総務の女の子が叫んでいます。

「急に画面が真っ黒になっちゃったんです!まだファイル保存していなかったのに、ひどいですよ!」と悔しそう。

「今までのシステムはこんなことなかったのに。今日、新しい機能をリリースしていましたよね。もしかして、そこにバグがあるんじゃないですか」

真っ黒な画面をみつめながら、そんなことをつぶやき始めましたよ。

これは聞き捨てなりません。バグなんて気軽に言わないでください。それに、画面を真っ黒にするほどの強烈なバグって、ちょっとありえないなあ。

ん? そもそもディスプレイの電源ランプが点いていないし、これはシステムの問題じゃないようですよ。

ディスプレーの後ろに回って配線をみたところ、ディスプレーのケーブルが外れていることを発見。カチャッとはめ直してあげました。

「あ、ちゃんと映りましたよ」

バグじゃないです。単にディスプレーケーブルが抜けていただけです。何でもかんでも、すぐにシステムのせいにしないで下さいね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT