トラブルはすべてシステム部門が犯人なのか

条件反射で「バグ」「不具合」と攻められる悲哀

「きゃーきゃー」いきなり職場で悲鳴です。

どした、どした、とぼへちゃんが駆け寄ったところ、総務の女の子が叫んでいます。

「急に画面が真っ黒になっちゃったんです!まだファイル保存していなかったのに、ひどいですよ!」と悔しそう。

「今までのシステムはこんなことなかったのに。今日、新しい機能をリリースしていましたよね。もしかして、そこにバグがあるんじゃないですか」

真っ黒な画面をみつめながら、そんなことをつぶやき始めましたよ。

これは聞き捨てなりません。バグなんて気軽に言わないでください。それに、画面を真っ黒にするほどの強烈なバグって、ちょっとありえないなあ。

ん? そもそもディスプレイの電源ランプが点いていないし、これはシステムの問題じゃないようですよ。

ディスプレーの後ろに回って配線をみたところ、ディスプレーのケーブルが外れていることを発見。カチャッとはめ直してあげました。

「あ、ちゃんと映りましたよ」

バグじゃないです。単にディスプレーケーブルが抜けていただけです。何でもかんでも、すぐにシステムのせいにしないで下さいね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。