エンジニアにとって写真は「数式で撮るもの」

露出とシャッタースピードを厳密に計算

だんなくん、趣味で写真撮影をするのですが、その腕前がなかなかのようです。

ぼへちゃんは「えええ、どうやったらこんな写真が撮れるの?」と、毎回感動しています。ぼへちゃん、自分もがんばってそういう写真を撮ってみようということで、一眼レフを構えてパシャ、パシャ撮ってみました。

でも、なんだかうまく撮れません。全体に暗くなってしまったり、白くとんでしまったり。背景にボケを出すのも、どうやったらいいのかがわかりません。どうも使いこなせていないようです。

「まず露出値の勉強からしないとダメだね」。だんなくんの講義が始まりました。

「レンズの絞りをN、シャッタースピードをTとすると・・・・」

いろいろな数式を使って説明を始めました。ぼへちゃんの頭は大混乱です。数式は、なしで説明お願いします!だんなくんは「最初は理論を押さえておけば応用が利くのに」と残念そうです。

正しいけど、最初の一歩は数式なしでお願いします・・・。トマ・ピケティの『21世紀の資本』だって経済書の割には数式の羅列がないからたくさん売れたのだと思います。とっつきやすさは大事なのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。