エンジニアにとって写真は「数式で撮るもの」

露出とシャッタースピードを厳密に計算

だんなくん、趣味で写真撮影をするのですが、その腕前がなかなかのようです。

ぼへちゃんは「えええ、どうやったらこんな写真が撮れるの?」と、毎回感動しています。ぼへちゃん、自分もがんばってそういう写真を撮ってみようということで、一眼レフを構えてパシャ、パシャ撮ってみました。

でも、なんだかうまく撮れません。全体に暗くなってしまったり、白くとんでしまったり。背景にボケを出すのも、どうやったらいいのかがわかりません。どうも使いこなせていないようです。

「まず露出値の勉強からしないとダメだね」。だんなくんの講義が始まりました。

「レンズの絞りをN、シャッタースピードをTとすると・・・・」

いろいろな数式を使って説明を始めました。ぼへちゃんの頭は大混乱です。数式は、なしで説明お願いします!だんなくんは「最初は理論を押さえておけば応用が利くのに」と残念そうです。

正しいけど、最初の一歩は数式なしでお願いします・・・。トマ・ピケティの『21世紀の資本』だって経済書の割には数式の羅列がないからたくさん売れたのだと思います。とっつきやすさは大事なのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。