エンジニアにとって写真は「数式で撮るもの」

露出とシャッタースピードを厳密に計算

だんなくん、趣味で写真撮影をするのですが、その腕前がなかなかのようです。

ぼへちゃんは「えええ、どうやったらこんな写真が撮れるの?」と、毎回感動しています。ぼへちゃん、自分もがんばってそういう写真を撮ってみようということで、一眼レフを構えてパシャ、パシャ撮ってみました。

でも、なんだかうまく撮れません。全体に暗くなってしまったり、白くとんでしまったり。背景にボケを出すのも、どうやったらいいのかがわかりません。どうも使いこなせていないようです。

「まず露出値の勉強からしないとダメだね」。だんなくんの講義が始まりました。

「レンズの絞りをN、シャッタースピードをTとすると・・・・」

いろいろな数式を使って説明を始めました。ぼへちゃんの頭は大混乱です。数式は、なしで説明お願いします!だんなくんは「最初は理論を押さえておけば応用が利くのに」と残念そうです。

正しいけど、最初の一歩は数式なしでお願いします・・・。トマ・ピケティの『21世紀の資本』だって経済書の割には数式の羅列がないからたくさん売れたのだと思います。とっつきやすさは大事なのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT