エンジニアの肌は、夏休み明けも白かった

優秀だと「火消し」に動員されて休めない

そういえば、もう夏のお盆休みも終わってしまいましたね……。

みなさん、夏休みはいかがでしたか。あいさつ代わりに、ぼへちゃんも「夏休みどうだった?」なんて同僚に聞いているようです。

同僚1:やまちゃん

まとまった時間がある夏休みに、ここぞとばかりにゲームに打ち込んだようです。満足げですが、ありゃりゃ彼の集中力はすごいので、集中のあまり、ご飯はまたカップラーメンだったのかもしれません。

同僚2:たなかくん

ひたすら寝ていたそうです。ええ、寝るのは大好きですが、普段はしっかりと寝れないから、ここぞとばかりにしっかり睡眠をしたとのこと。確かに、猛暑続きだったので、出歩いて夏バテするよりはいいかもしれません。

同僚3:くのりん

炎上プロジェクトに巻き込まれて、出勤だったようです。優秀なエンジニアは、火消しによく使われるんですよね。お疲れ様でした!

後輩1:新人さん

さて、今年の新人さんはどうかというと、忙しかったようです。ぼへちゃんとは違うプロジェクトにアサインされているのですが、夏を意識する暇がないほど忙しいようです。

なぜか、夏休みが終わったのに、みんなの肌が白いのも、エンジニアならではかもしれません。秋の訪れを感じさせるツクツクボウシが切ないですね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。