エンジニアの肌は、夏休み明けも白かった

優秀だと「火消し」に動員されて休めない

そういえば、もう夏のお盆休みも終わってしまいましたね……。

みなさん、夏休みはいかがでしたか。あいさつ代わりに、ぼへちゃんも「夏休みどうだった?」なんて同僚に聞いているようです。

同僚1:やまちゃん

まとまった時間がある夏休みに、ここぞとばかりにゲームに打ち込んだようです。満足げですが、ありゃりゃ彼の集中力はすごいので、集中のあまり、ご飯はまたカップラーメンだったのかもしれません。

同僚2:たなかくん

ひたすら寝ていたそうです。ええ、寝るのは大好きですが、普段はしっかりと寝れないから、ここぞとばかりにしっかり睡眠をしたとのこと。確かに、猛暑続きだったので、出歩いて夏バテするよりはいいかもしれません。

同僚3:くのりん

炎上プロジェクトに巻き込まれて、出勤だったようです。優秀なエンジニアは、火消しによく使われるんですよね。お疲れ様でした!

後輩1:新人さん

さて、今年の新人さんはどうかというと、忙しかったようです。ぼへちゃんとは違うプロジェクトにアサインされているのですが、夏を意識する暇がないほど忙しいようです。

なぜか、夏休みが終わったのに、みんなの肌が白いのも、エンジニアならではかもしれません。秋の訪れを感じさせるツクツクボウシが切ないですね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT