スマホのほうが仕事が速い若者が出現

「フリック入力」恐るべし!

最近はスマートフォンがあれば、なんでもできちゃいますよね。家に帰ってもPC立ち上げる人が少ないのでは?

もしくは、買わなくてもすんじゃっている人も多いと思います。

そうなってくるとキーボード入力ではなくフリック入力のほうが断然早い!といういう人も増えていると思います。

若者のキーボード離れが加速 フリック入力でレポート書く生徒もいるようで、「若者のキーボード離れ加速 レポート・卒論でフリック入力も」なんていう記事もありました。もうそこまで状況は変わっているのです。

さて、そんなぼへちゃんの職場に、若い女の子がやってきました。

データ入力のアルバイトで来てもらったのですが、あれれ? キーボード入力がとってもおぼつかないようですよ。

どうしたのでしょうか。ひょっとしてパソコンが苦手なの?心配しながら見ていると、「このサイト、スマホからでも入力できますか」と聞いてきました。

ハイ、このサイトはスマホからでも大丈夫です。そしてスマホを使って入力しはじめたら、かなりのスピードです。

iPhoneが出た頃、フリック入力に慣れなくて、折りたたみキーボードを持っている人がいましたが、「最初からフリック入力」という世代が生まれているのです。数年後にはいったいどうなっちゃうのでしょうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT