リリースに間に合わないときの2択とは?

課長は泣き言を許してはくれません

週明けにリリースを控えたオフィスでのぼへちゃんとだんなくん。レッドブルを投入しても、もうヘロヘロ状態のようです。

このままでは、リリースに間に合わないかもしれない。そこで、ぼへちゃん、課長に直談判にいきました。

「無理です! 間に合いません」「だいたい仕様変更が多すぎです!」「見積もりがもともと甘いですよ」「人もいないのにこんなスケジュールはおかしいし、そもそも無理なんです!」

あらあら、もう堪忍袋の緒が切れちゃってますね。

それを聞いた課長、そんな部下の窮状を察したのか、「よし、わかった!」と立ち上がりました。

「休出する? それとも徹夜する?」

ええええー、そこなの? どうやら延期や人を増やす選択肢は無いようですね。

週明けのリリース、間に合うのでしょうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。