ゲームがあったからエンジニアになった

ありがとう!任天堂の岩田聡社長

「ゲームがなかったら、ぼく、パソコンを知るのはもっと後だったかも」

今40代のだんなくんは、昔はゲーム少年でした。小学校3年生くらいのときに、任天堂の「ファミリーコンピュータ」を買ってもらい、マリオブラザーズ、ロードランナー、スターフォースなど、いろいろなゲームに夢中になったそうです。

あるとき雑誌に、ゲームを作ったプログラマーを紹介するコーナーがあり、衝撃を受けました。プログラマーが、大きなパソコンに向かってキーボードをたたいている姿を見て、「こうやってゲームができているんだ、いつか僕もこんなゲームを作ってみたい」と思ったそうです。

そうして手にとったのが、ベーシックマガジン(ベーマガ)。そして中学生のときに、念願のパソコン「X1 TURBO ZⅡ」を買ってもらいました。

ゲーム少年が、いつしかパソコン少年になったわけです。こういう人はそれこそ何万人もいると思います。ゲームこそが多くのプログラマー、ソフトウエアエンジニアの原点なのです。それは今の10代、20代にとっても同じだと思います。

任天堂の岩田聡社長が55歳の若さで亡くなるという訃報に接して、多くの人が悲しんでいます。世界中の人が、すばらしいゲームを作ってくれたことに感謝しています。本当にありがとうございました!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。