復活間近?ソニーへ「これだけは言いたい」

プロ経営者でも"面白さ"を追究できる?

ソニーは復活へ向かうのか?

長らく低迷が続いていたソニーの業績が、回復基調にあるようです。今期(2015年度)は最終損益で3期ぶりの黒字転換を計画しており、「復配の実現」を目指すそうです。

ソニーは復活に向かうのか?

確かに“ソニーブランド”が復活に向かっているのは事実のようです。「プレイステーション4(PS4)」の販売が好調ですし、アジアにおけるブランド力調査では「SONY」は7位にランクイン。メディアでもソニーのV字回復を期待する記事が増えてきました。

記事で2017年度には営業利益5000億円以上になる可能性を検証する――といった見出しをみたときに、心躍った中高年は少なくないはずです。

それはソニーが「日本の希望」だと感じたことがあるから。たとえば、海を渡ったメジャーリーガー野茂投手。その野茂氏よりはるか先に、ソニーは米国国民の誰もが知る存在でした。まさにパイオニア的な存在です。

当時のソニーはウォークマンを筆頭に世界中が「面白い」と感じる製品を作ることができる希有な会社でした。そんな、「面白いソニー」の復活に向けて、組織面で大事にしてほしいことを今回は書きたいと思います。

そもそも、ソニー復活と言うのはまだまだ早すぎます。現状では無配の状態。株主総会で平井一夫社長は「株主の皆さまに深くおわびする」と陳謝。「改革と計画の実行に邁進する」と語るまで。復調の兆しを感じたにすぎません。

次ページ「働きたい会社」としても圧倒的だった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。