ソニーが復活するための「2つの条件」

それでも支持する消費者に応えられるか?

ソニーの映画子会社に対する大規模なハッカー攻撃は、赤字転落などに揺れる「世界のソニー」にさらなるダメージを与えた。なぜ、ここに至ったのか。
世界最薄の4Kテレビの展示。米メディアに平井社長は「ソニーは金融、エンターテインメント、エレクトロニクス、これら全てが本業だ」と語っている(撮影:津山恵子)

「このテレビの薄さは、わずかクレジットカード5枚分です」(カナダ・モントリオールのテレビ局)

「1セント硬貨の3枚分しかありません」(メキシコのテレビ局)

1月6日から米ネバダ州ラスベガスで開かれた全米最大の家電市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」の一角にある、ソニーのブース。世界で最薄の4Kテレビがずらりと並び、各国テレビ局がリポートしている。

ステージの中心でテレビが1台、ゆっくりと回転する。来場者に向かって垂直に向いて、薄さ4.9ミリのフレームが見えた瞬間、カメラのフラッシュが一斉に放たれる。

ソニーのブースは、ほかの新製品も充実し、明らかに例年より活気に満ちていた。しかし、その舞台裏は、大変な修羅場だったに違いない。

サイバー攻撃の対応への厳しい非難

昨年11月末、ハッカーが子会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)のシステムを攻撃し、同社の情報や文書が大量に流出した。

ハッカーは、SPE制作で北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)第1書記の暗殺計画を描いたコメディ映画「ジ・インタビュー」を攻撃の理由にあげ、ソニーは大手映画館チェーンでの全米公開を見送った。しかし、この決断は、「言論の自由」を重んじる米国で、オバマ大統領をはじめメディアなどから激しく糾弾された。

次ページ「カズが出るのが1カ月遅すぎた」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT