ソニー、「脅しに屈する選択肢はなかった」

平井社長、サイバー攻撃の背景を語る

CES開幕前日、ソニーの戦略についてプレゼンテーションを行う平井一夫社長兼CEO(写真:ロイター/アフロ)

米ネバダ州ラスベガスで1月6~9日の日程で行われる世界最大の家電ショー「International CES 2015」。その開幕前日の5日に行われた記者ブリーフィングの席で、ソニーの平井一夫社長兼CEOは11月末に発覚したソニー・ピクチャーズ・エンターテインメント(SPE)へのサイバー攻撃に関し、記者団からの質問に初めてその口を開き、詳細な経緯を語った。

SPEへのサイバー攻撃が発覚したのは11月24日のこと。当時、たまたま米国にいた平井社長にもすぐに一報が入り、それからはSPEのマイケル・リントン社長、ソニー米国法人およびソニー・エンターテインメント(SPEとソニーミュージックエンターテインメントのホールディングカンパニー)のニコール・セリグマン社長と、毎日、欠かすことなくサイバー攻撃に対する報告を受け、その対応について話をしてきたという。

記者向けのスポークスパースン、もしくはステークホルダー(映画館や映画制作者)などへの説明は、リントンSPE社長が前面に立ってコメントを出してきたが、その背後ではソニーグループを挙げての対策を進めた。その経緯について平井社長は「時系列の順に話をしたい」と断って話を始めた。

平井社長が最終判断

「11月24日の発覚後、すぐに私への報告があり、その後、すみやかに米捜査当局はもちろんのこと、SPE社員に対しても報告をした。社員あるいは元社員の個人情報を、サイバー攻撃を行ったクラッカーがインターネットで公開したためだ」

その後の記者発表やステートメント発信に関して、SPE側が下敷きとなるプランを作り、その最終判断はすべて平井社長が行った。

「事件発覚後は、外部への情報発信はもちろんだが、法務、情報セキュリティ部門など、さまざまな分野で対策チームを編成し、本社の取締役会でもマイケル・リントンが来日して報告した」

次ページ"劇場公開中止"報道の裏側
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT