「ベイマックス」、実は"戦隊ヒーロー"なワケ

「少年とロボットのふれあい」はホンの一部

こちらが日本におけるベイマックスのイメージだ©2014 Disney. All Rights Reserved.

12月20日公開のディズニーのアニメ映画『ベイマックス』が大ヒットしている。『アナと雪の女王』をヒットさせたディズニーの最新作だけに、いやがおうにも関心は高い。

中でも、ネット上で盛り上がっているのが「予告編」との違いである。この映画を未見の人もいるため、詳しいストーリーは明かさないが、『ベイマックス』のホームページからかいつまんで説明すると、以下のような内容だ。

舞台はサンフランソウキョウ

"優しさ"で世界を救えるか?©2014 Disney. All Rights Reserved. 

最愛の兄を失い心に深い傷を負った14歳のヒロの前に現れたのは、何があっても彼を守ろうとする一途なケア・ロボット、ベイマックスだった。日本とサンフランシスコからインスピレーションを得た架空都市サンフランソウキョウを舞台に、優しすぎるロボットと少年ヒロの感動のアドベンチャーが展開される――。

同映画の予告編も、上記のストーリーに沿った内容となっている。映画公開後の現在もネット上で視聴可能だ。主人公の少年とロボットのふれあいが強調される感動的な内容である。

ところが、映画を見た人の間では、映画と「予告編とは中身がまったく違う」という反応が目立つ。ヤフーのユーザーレビューでは平均4.35点(2014年12月30日時点)と高水準を維持しているので、内容に不満というわけではない。純粋に予告編との違いが問題視されているようだ。何しろ、映画をみると、悪と戦う戦隊ヒーローによる、激しい戦闘シーンが中心なのだ。

次ページ米国でのイメージは戦闘ロボ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング