東京ディズニーリゾート、強気値上げのワケ

巨額投資を料金に転嫁、大阪のUSJも

東京デイズニーリゾートは、9月に「アフター6パスポート」を500円値上げ

消費増税で国内景気が停滞する中、強気に値上げを実施している業界がある。テーマパーク業界だ。

最大手オリエンタルランドが運営する東京ディズニーリゾート(TDR)は、4月の増税に伴って、1デーパスポートを6400円(大人1人)と200円値上げ。9月には、平日の夕方6時から入園可能なアフター6パスポートを500円値上げした。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)も、1デイ・スタジオ・パスを4月に6980円(同)と190円値上げ。それに先立って1月にも190円値上げしている。

USJは「ハリポタ」が絶好調

2テーマパークが消費増税以上に値上げできたのは、入場者数が好調だからだ。TDRは昨年度、開園30周年イベントがあり、3129万人と初めて3000万人の大台を突破。今年度はその反動が懸念されたが、東京ディズニーランドでスタートしたシンデレラ城のナイトショーや、東京ディズニーシーの新キャラクター「ジェラトーニ」などが人気を呼び、入場者数は9月末までほぼ前年並みと好調を維持している。

USJはここ3年間、入場者数が毎年100万人ずつ増えるなど絶好調。7月にオープンした「ハリー・ポッター」(ハリポタ)新エリアも人気を博しており、今年度は、開業当初の1102万人の記録を超えるのが確実だ。

次ページ投資が巨額化する理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。