東京ディズニー、5000億円投資の胸算用

投資抑制から積極投資に舵を切る

TDRを運営するオリエンタルランドは、今後10年間で5000億円を投じる(撮影:尾形文繁)

東京ディズニーリゾート(TDR)が、これからの10年で様変わりする。同テーマパークを運営するオリエンタルランドは4月28日、今後10年の経営ビジョンを示した。その中核と位置づけるのが、テーマパーク事業に対する5000億円の巨額投資だ。年間入園者数が「恒常的に3000万人となるよう、パークの価値最大化を図る」(片山雄一・常務執行役員)という。

5000億円の投資には、どの程度のインパクトがあるのか。近年の新規アトラクションを見てみると、2012年に東京ディズニーシー(TDS)にオープンした「トイ・ストーリー・マニア!」の投資額は約115億円。昨年に東京ディズニーランド(TDL)でリニューアルオープンした「スター・ツアーズ」は70億円ほど。

画像を拡大
今も長蛇の列ができる「トイ・ストーリー・マニア!」。投資額は約115億円だった(撮影:梅谷秀司)

今回の投資には、新規アトラクションやショーのほか、駐車場の整備や配送センターなどのバックヤード、各種設備の更新・改良も含まれる。とはいえ、5000億円というのは、大型アトラクションが毎年5つも開設・更新できる金額だ。

投資額を単純に年換算すると500億円。オリエンタルランドは、TDSを開園した2001年前後こそ、1000億円を超す投資を行ったが、その後、テーマパーク事業への投資額が500億円を超えたのは2006年度だけだ。特に2008年度以降は300億円を下回っており、30周年ショーなどの投資があった昨年度も264億円にとどまった。10年で5000億円という投資は、投資抑制から積極投資へ舵を切ることを意味する。

次ページ気になる投資の中身は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT